スタッフブログ

2017.06.19更新

電動歯ブラシは、短時間で効率よく歯磨きをできる反面、注意しないといけない点があります。

電動歯ブラシを使用する際、手磨きと同じ感覚でゴシゴシと磨いたり、長い時間ブラッシングしたりしていると、次第に歯のエナメル質が磨り減ってきてしまいます。

また、電動歯ブラシ用の歯磨き粉は、ジェル状になっていて、研磨剤が入っていないものが殆どですが、手磨き用の歯磨き粉には研磨剤が入っています。そのため、高速振動する電動歯ブラシで、手磨き用の歯ブラシを使用すると、歯が磨り減る原因となります。エナメル質が磨り減っていく状態が進行すると、象牙質が露出し、知覚過敏の原因となるケースがあります。

電動歯ブラシは便利ですが、正しい使い方をしないと、却って歯の健康を損なうリスクがあります。電動歯ブラシは正しく使って、歯の健康に役立てましょう。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY