スタッフブログ

2017.12.17更新

今までのセラミック修復の主流は、金属の上にセラミック材を盛り上げて、焼くもの(メタルボンド)が主でしたが、最近はジルコニアの上にセラミックを盛り上げて焼く方法が多く行われるようになってきました。

ジルコニアとは、人工関節にも使われている体にやさしい素材で、歯科用金属よりもかたく白いため、耐久性や審美性にすぐれた素材と言えます。非金属のため、金属アレルギーの人にも適用可能です。ただし、保険外のため、1本10万から20万円ぐらいで設定している歯科医院が多いようです。当院は136,500円です。前歯などでは白い素材なので、歯肉のわずかな黒ずみもなく透明感のあるきれいな修復が行えます。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY