スタッフブログ

2018.01.10更新

我が子をムシ歯から守りたい! 誰もが思うことだと思います。「感染の窓」という言葉をご存知でしょうか?

乳歯の奥歯が生えだす19カ月~31カ月(約1才半~3才頃)までは、「感染の窓」と呼ばれ、この時期にムシ歯菌(ミュータンス菌)に感染することが最も多いと言われています。ミュータンス菌への感染の時期が早いほど、その後にムシ歯ができやすい傾向にあります。

生れたばかりの赤ちゃんには、ミュータンス菌はいません。なぜ感染してしまうのでしょうか?

それは、母親や周りの大人たちからの感染です。では、大人から子供へのミュータンス菌を感染させないために、何に気を付ければよいのでしょうか?

ミュータンス菌は、唾液を通して感染するので、食べ物を噛み砕いてあげたり、フーフーしないようにする。大人と同じ食器やスプーンで食べ物を与えないようにする。また、周りの大人がお口の細菌を減らすことも大事なことかもしれません。

スキンシップも大切なので、神経質になりすぎる必要はありませんが、我が子をムシ歯から守るために「感染の窓」と呼ばれるこの時期を何とか乗り切りたいものですね。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY