スタッフブログ

2018.05.14更新

むし歯の発生や進行を防ぐと言われる、人工甘味料「キシリトール」。ガムやあめなど多くの食品に使われており、現在ではなじみ深いものとなっています。

 「キシリトール」はとても甘味が強いことに加えて、溶けるときに熱を奪うという特徴があるそうです。口に含むとスーッとする感触から、ガムなどミント系の味と相性が良いようです。また、「キシリトール」の冷却効果を利用して、夏用の寝具や肌着、化粧品も登場しているそうです。 これから夏に向けて、徐々に暑さが増してきます。お店で「キシリトール」配合の商品を見かける機会があるかもしれませんね。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY