スタッフブログ

2019.07.01更新

昔、日本では女性が柵機(たなばた)という機械で、着物を織ってそれを棚にお供えして、神様に豊作祈願や人々のけがれを払うという行事があったことから、お盆前の前準備として、7月7日に行われるようになったそうです。

今年の七夕は、晴れて天の川がきれいに見れると良いですね。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY