スタッフブログ

2021.06.18更新

当院の訪問診療部門(西東京口腔ケアステーション)では、月に数回程勤務して頂ける歯科医師の募集をしております。ご興味がありましたらご連絡ください。

仕事内容 : 病院や特養など訪問先での口腔内診査

給  与 : 当院規定による、通勤手当あり

連絡先  : 電話またはメールにてご連絡ください(担当下畑)

       電話 042-579-0118  mail shimohata@shika.or.jp

0


 

2021.06.16更新

食生活からむし歯のリスクを改善するポイントは、「砂糖の量」、「飲食回数」、「時間」、「何を食べるか」の4つです。まずは問食の回数を減らしましょう。回数を減らせば自然と量も減ってきます。どうしても回数を減らせなぃときは、キシリトールなどの代用糖を使ったノンシュガーのお菓子にしましょう。

次に、規則正しぃ食生活をしましょう。時間を決めておくことも重要です。ダラダラ食いは避け、食べる/食べないのオン・オフをしっかり切り替えましょう。おやつは、キャラメルよりはチョコレートを選ぶ、キャンディーは噛んで食べるなど、お口の中から早くなくなるものを選びます。スナック菓子のような、甘くないけれどお口の中に残りやすいものには要注意。果物やスポーツドリンク、野菜ジュース、缶コーヒーなどには、意外に糖分が含まれていることがありますので気をっけましょう。

0


 

2021.06.07更新

0

従来の歯科治療では、金属を使った素材を用いるのが一般的でしたが、歯科材料の発展によって金属を使わない治療が実用的になってきました。金属を使わないため、金属アレルギーの心配がなく安全性が高い点も特徴です。メタルフリーが推奨されはじめたのは、審美性と機能性のメリットを併せ持っている点も大きいと言えるでしょう。


 

 

 

2021.06.01更新

雨が続くと、屋外へ目を向ける機会が減ります。晴れ間をみつけて、外へ出るといつの間にか雑草がどんどん生えていることに気づき驚きます。

雨が降ると豪雨の心配も頭をよぎります。地域によっては避難の必要も生じるような豪雨のニュースを聞くことがありますので、もしそのような場合はどうしようかと不安になります。

本院があります羽村市のHPでは、防災用のマップを見ることができます。

当院では、定期的に災害備えた避難訓練や消火訓練を、職員対象に実施しています。先月も訓練を行いましたが、防災マップはこれまであまり目にしてこなかったと思い、見てみますと地震に際しては栄小学校、武蔵野公園が避難場所になっており、河川の氾濫などに際しては栄小学校が避難場所になっていることがわかりました。また「防災マップはむら」には、当院もAEDが設置されている施設として記載されています。こういった情報は、更新されることもあると思いますので、市のHP等で発信されている情報にはきちんと触れていきたいです。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY