スタッフブログ

2021.08.08更新

8月8日は歯並びの日です。歯並びがコンプレックスで、人前では口元を隠すという悩みを持っていませんか。歯列矯正は始めたいけれど、なかなかできないという方も多いと思います。しかし、歯列矯正を始めたことで、審美面やかみ合わせが良くなることや、歯列がそろうことで歯が磨きやすくなり、虫歯や歯周病の予防になるメリットがたくさんあります。当院では、月に2日矯正診療があります。ご相談も承っていますので、矯正をしようか悩んでいる方、ご連絡お待ちしています。


 

2021.08.02更新

暑い中、マスクを義務づけられている生活はストレレスが溜まりますね。ストレスが強いと、歯ぎしりしたり、くいしばったりすることがありますが、これは歯や顎を痛めます。夏の高い空や雲をボーッと眺めたり、人のいない所でマスクを外して、木々の葉や花の香りを感じると、ストレスが抜けていきますよ。試してみてください。そして、歯ぎしりから歯を守るマウスピースを作ってみたい方は、当院にご相談ください。

0


 

2021.07.25更新

0

知覚過敏症用歯磨剤「シュミテクト」を製造・販売し、歯の健康のために知覚過敏の改善に取り組んでいますグラクソ・スミスクライン株式会社様が制定され、日付はこの日が「かき氷の日」であり、知覚過敏だとかき氷などの冷たい物が歯にしみることから。知覚過敏への対策の意識を皆様に持ってもらうことを目的に制定されたとの事です。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。 


 

2021.07.22更新

0

日頃、私共が診療と口腔ケアで訪問している病院先の患者様が、お礼にとプレゼントしてくださいました。この他にも担当した歯科医師と歯科衛生士にも似顔絵を書いてくださいました。素敵な絵をありがとうございましたnico


 

 

2021.07.19更新

0

何年か前の夏の暑い日に近所の夏祭りに子供と一緒に参加しました。毎年参加していたので、暑さは大丈夫と思っていましたが、途中で体調が悪くなってしまい、一週間くらいは体調が戻らず大変でした。

それからは、夏になるとネットで熱中症対策飲み物などと調べたりして、飲み物やアメなどを鞄に入れ、帽子をかぶったりできる限りの対策をして、ここ何年かは無事に夏を乗り切っています。これから、増々暑くなりますが、皆様体調に気をつけて夏を乗り切りましょう。


 

2021.07.12更新

0

今年は東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催があり、祝日が変更になりました。しかし、ほとんどのカレンダーは変更が反映されていないと思いますのでご注意ください。詳細は、次の通りです。 

    7月19日(月)海の日    →  7月22日(オリンピック開会式前日)

    8月11日(水)山の日    →  8月8日(オリンピック閉会式当日)

  10月11日(月)スポーツの日 →  7月23日(オリンピック開会式当日)

従いまして、7月19日、10月11日は通常診療を行い、7月22日、7月23日は休診させていただきます。また、8月8日~11日は夏季休暇のため休診させていただきます。


 

2021.07.10更新

各地に雨による災害が発生しています。本日も、九州に大雨特別警報が発表されました。

羽村市も土砂災害や河川の氾濫が予想される場所がございますので、普段から雨による災害を意識し、避難経路や避難場所を確認することが大事だと思います。皆様もご注意ください。


 

2021.07.05更新

0

シューマンの「詩人の恋」という歌曲集の最初は、「素晴らしく美しい五月の朝に」という曲で、私が音楽に興味を持つきっかけになった曲でもあります。初夏の緑は萌えいづる生命力にあふれ、みずみずしい美しさに満ちています。しかし、その背後に、生命や愛のゆらぎ、不安に満ちてもいます。昔から、精神が不安定になったり、色々なトラブルを身体や心におこすときでもあります。マハトマガンジーの言ったように、「明日死ぬと思って生きなさい。 永遠に生きると思って学びなさい」。難しいですがそれをモットーに、ジメジメした梅雨も頑張ります。


 

2021.06.26更新

0

6月1日~7月31日まで、羽村市在住の40歳~64歳までの方を対象に、無料の歯科検診を行っております。

なかなか歯医者に行く機会が無い方や、気になる歯がある方など、これを機会に検診を受けてみませんか。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


 

2021.06.21更新

江戸時代に花開いた文化の1つに、歯磨きがありました。その中でも、細かい所の汚れを取る楊枝は、白い歯が粋だった江戸の人にとって重要な道具だったようです。当時は房楊枝と呼ばれており、専門業者が柳の小枝を叩いて作っていたようです。浅草には100店以上の専門店が存在していたようで、中には看板娘で客寄せをするお店もあったようです。

現代でも、楊枝を使用することはもちろんありますが、歯の細かい部分をより磨く道具として、デンタルフロスや歯間ブラシがあります。ただし、それには種類やサイズが多くあり、自分で選んで使うには難しいと思います。当院では歯科衛生士によって、それぞれの患者様に合わせた歯の磨き方や、そのための道具の種類や使用方法などを、ご説明させていただいております。治療が必要でない方も、歯の汚れを取り、お口を清潔に保つことは感染症の予防にもなります。お口の中のチェックも兼ねて、気になる方はぜひ当院へご相談ください。

 0


 

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY