スタッフブログ

2020.02.24更新

18世紀末、フランスの外科医デュボア・ド・シェマンが「腐らない歯」として陶器をを発明しました。それまで失われていた歯の代用品としては、動物の骨や歯、人の歯を使用していました。しかし、すぐ着色したり、臭いが強くなったり、病気に感染したりと問題があったそうです。

この腐らない歯こそ、現代の「セラミック歯」の原型となりました。本物の歯のように白く透明感があり、今も技術は進化しています。

セラミック治療は当院でも行っておりますが、利点欠点もあり、その方の状況によって適応外のこともあります。気になる方は当院担当者にご相談ください。

 0


 

2020.02.17更新

0

確定申告で、医療費控除の申請を行うと、税金の還付を受けることができます。
対象は、1年間で支払った医療費が10万円以上の方です。
期間は、2月17日(月)から3月16日(月)までに、税務署に書類をご提出ください。
詳細は、最寄りの税務署へお問い合わせください(青梅税務署立川税務署所沢税務署


 

2020.02.12更新

羽村市内でオリンピック聖火リレーの「リハーサル」が行われます。

走行ルートおよび周辺道路は通行止めとなります。また、周辺道路も混雑が予想されますので、当日ご来院の際にはご注意ください。

日時は、2月15日の9:30~11:45までで、走行ルートは次の通りです。

0

詳しくは、こちらをご覧ください。http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000013015.html


 

2020.02.10更新

0

今年はいよいよオリンピックイヤーです。外国人の方から道を聞かれた時に答えられるように、英語を勉強して少しでも役に立てるようにしたいと思います。

インフルエンザや風邪の季節ですので、うがい手洗いは忘れずに、うがいの前に軽く歯磨きをすることもおすすめです。


 

2020.02.06更新

以前のブログに災害時の口腔ケアの大切さをお伝えしましたが、8020推進財団のホームページに、災害時のお口のケアについて、分かりやすく掲載されています。また、その他にもライフステージごとに沿った予防・ケア等がご紹介されていますので、興味のある方は覗いて見てください.

こちら をご覧ください。

0


 

 

2020.02.03更新

2月3日は節分です。節分と言えば恵方巻き。恵方巻きを食べる時のルールご存知ですか。それは、恵方を向いて食べる、黙って食べる、一気に食べるです。実は具材も決まっていて、きゅうり、玉子、高野豆腐、かんぴょう、シイタケ、ウナギまたはアナゴ、桜でんぶで、それぞれ意味があるそうです。最近はロールケーキなどのいろいろな恵方巻きが売られていますので、恵方巻きが苦手な方には良いかもしれません。

今年の恵方は、「西南西」です。西南西を向いて、黙って一気に食べる。ぜひ試してください。

0


 

2020.01.27更新

最近、香害ということが言われ始めています。私は以前からいわゆる化学物質に対するアレルギーが少しありましたが、気を付けることでよくなってきました。しかし、9月よりアパートの外装改修工事が始まり、頭痛や吐き気など具合が悪くなってきました。アレルギーと言うのは厄介で、他人にはほとんど理解されることがありません。人によっては気のせいにされてしまうこともあります。

歯科にも金属アレルギーがあります。最近は金属を使わないで健康保険が適用されるものがありますので、気になる方は担当までご相談ください。

0


 

2020.01.20更新

ステインとは、歯の着色汚れのことを言います。

お茶やコーヒーなどに含まれる色素や、タバコのニコチンなどが長期にわたり歯に沈着するとステインになります。口の中が乾燥して唾液が少なくなるドライマウスになると、乾燥によってステインが落としにくくなります。改善策としては、ガムを噛むことで唾液が分泌し、落としにくい口腔環境を避けることができます。毎日、丁寧に磨いていても落としきれないステインもあります。歯をきれいに保つためにも、定期的に歯科医院でのクリーニングがお勧めです。是非お待ちしております。

0 0


 

2020.01.13更新

ニュースを見ていると、今年は暖冬との報道を目にします。社用車のタイヤも順次冬用タイヤへの履き替えを行い、スコップなどの除雪道具の確認をするなど、なるべく患者様が天候に左右されずに、治療をお受け頂けるよう準備をしています。そのため、冬の天気予報はいつも以上に気になります。年末に発表されました気象庁による3か月予報によりますと、今後3か月は気温が平均並みかそれ以上とのことです。

朝起きる度に、暖冬とは言うものの寒いじゃないかと思いますが、同じく気象庁のHPによりますと、暖冬とは12~2月における30年間の観測値を小さい順に並べて、21番目以上を指すそうです。ちなみにここ最近でもっとも暖かかったのは2006年のことで、この年は東京の初雪が3月だったそうです。冬は寒いより少しでも暖かい方が気分的には良いですが、暖冬のため2006年には、スキー場が運営出来なかったり、野菜の収穫に狂いが生じたりと困ったことも様々起こったそうで、これも困ったものです。

暖冬といえども、まだまだ寒い日が続くと思いますので、風邪をひかないようにご注意ください。

0


 

2020.01.06更新

災害の備えに、歯ブラシ等のオールケアグッズの大切が注目されています。過去に起きた大震災では、歯磨きができないため、ばい菌が肺に入って肺炎で亡くなった方もいました。ストレスがたまり、体の抵抗力も落ちる避難生活では、口腔ケアは大切です。ご自宅・会社の災害の備えに、オールケアグッズを追加することをお勧めします。また、水不足には、液体歯磨きもお勧めです。

0


 

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY