訪問歯科診療部門(西東京口腔ケアステーション)

当院の訪問歯科

昨今、高齢者や病気で免疫力の落ちている人にとって、お口の汚れは万病の元である事が医学的に判明し、深刻な社会問題となっております。
当院では、地元多摩地区の高齢者施設や病院やご自宅などにお住まいで、特定疾病などにより通院が困難な高齢者に対して、多摩地区で最も古くから訪問歯科を行っております。ご利用の皆様がいつもさわやかな“お口を保ち”、健やかな老後を過ごすためのお手伝いをさせていただいております。

実施内容

歯科治療

患者様やご家族の方々のご意向をお聞きしてから、歯の治療、入れ歯の作成、入れ歯の調整などを行います。

口腔ケア

歯科衛生士がお口の中の衛生状態を守り、誤嚥性肺炎などの感染症の予防を行います。 また、お口の周りの機能の低下が見られる方には、リハビリを行いお口の健康を通して患者様の生活の維持向上を行います。

摂食嚥下対応

近年窒息事故が多発しています。食べこぼしやよくムセルなど、食べることや飲み込む事に問題がある方に対し、安心安全にお食事ができるように、嚥下内視鏡検査などを行いながら対応いたします。

対象者

高齢者施設や病院やご自宅などで生活されており、特定の疾病などにより通院が困難な方が対象となります。詳しくは、担当までお問い合わせください。

対象地域

法律で定められた範囲に限られます。主な訪問地域は、羽村市・福生市・青梅市・あきる野市・日ノ出町・瑞穂町・ 昭島市・武蔵村山市・八王子市(一部地域のみ)です。詳しくは、担当までお問い合わせください。

訪問日時

月曜日~金曜日までの9:00~17:00の間で、ご相談により決めさせていただきます。

費用

基本的に健康保険と介護保険の範囲内で行います。 1ヶ月あたりの概ねの料金につきましては、事前に訪問回数などをご相談のうえ、ご説明してから実施いたします。

高齢者施設での風景

歯科医師による口腔内診査

歯科医師による治療

歯科衛生士による口腔ケア

摂食機能評価

嚥下内視鏡(VE)による検査

Q

どのような方に必要な検査ですか?

A

摂食・嚥下障害をお持ちの患者様に必要な検査です。摂食・嚥下障害とは、食べ物や飲み物が上手に飲めなくなる障害です。様々な原因で起こり、脱水、栄養障害、誤嚥、誤嚥性肺炎、窒息などにつながることがあります。

Q

どのような検査をしますか?

A

直径約3mmの内視鏡を鼻からのどに通した状態で食べ物を食べてもらい、口からのど、食道へ食べ物がどのように通過するか、のどにどの程度残るかを検査します。リハビリテーションで必要な訓練をその場で行い、効果を見ることもできます。

Q

どのようなことがわかりますか?

A

食べ物がのどを通過する際にどのような異常があるか、異常があった場合はどのようにしたらよいかについて必要な情報を得ることができます。検査の際は、普段食べている食べ物を使用できますので、普段の食事の様子から、嚥下機能の状態を検査できます。

Q

どのような場所で行いますか?

A

嚥下内視鏡は持ち運び可能ですので、高齢者施設やご自宅で受診いただけます。

現在契約中の病院及び高齢者施設

  特別養護老人ホーム 5件
  病院 2件
  有料老人ホーム 2件
  グループホーム 2件
  障害者支援施設 1件
  サービス付き高齢者向け住宅  1件

口腔ケアセミナー

歯科医師や歯科衛生士による職員様向けのセミナーも行っております。詳しくは、担当まで問い合わせください。

お問い合わせ先

  西東京口腔ケアステーション 

      TEL 042-579-0118 FAX 042-555-4046