診療案内

虫歯の基礎知識

虫歯は「虫歯菌」「糖質」「歯質」「時間」が揃うとできると言われており、進行度に合わせて5つの分類ができます。

CO 歯の表面に少しだけ虫歯ができており、色が変わっているものの、穴はできていない状態です。
C1 歯の外側を覆っているエナメル質に穴ができた状態です。
C2 歯の内側にある象牙質にまで虫歯が進んだ状態です。
C3 歯の神経も虫歯菌によって侵食された状態です。
C4 歯の根っこしか残っていない状態です。

虫歯の治療

極初期の虫歯であれば自然治癒することもありますが、ある程度進行した後は虫歯部分を削る必要があります。
そして、柔らかいプラスチック素材を詰めて固める、詰め物や被せ物を作成してはめ込むといった治療をすることになります。

その際、詰め物や被せ物の素材は複数の選択肢の中から選んでいただくことができ、中には白くて目立たないセラミックなどの素材もあります。
治療する場所や噛み合わせなどによって最適なものは変わってきますので、患者様とよくお話をさせていただいた上で、治療方針を決めさせていただきます。

痛くない治療

当院では、できるだけ痛みの少ない治療を行っています。

表面麻酔 歯茎にゼリー状の麻酔を塗ることで、針を刺す痛みを和らげます。
麻酔液の温度管理 麻酔液を体温と同じくらいの温度にすることで、麻酔時の痛みが緩和されます。
細い針 より痛みを感じにくくするために、最も細い注射針を使用します。

根管治療

虫歯が、歯の神経や根っこにまで到達した場合は、根管治療が必要となります。
これは歯の根っこをきれいにして、さらに蓋をする治療で、通常は複数回通院していただく必要があります。
そして歯の中に細菌がない状態になりましたら、歯を支えるための柱を入れて、最終的に被せ物をします。
患者様の負担を減らすためにも、根管治療が必要になる前に、初期の段階で虫歯治療を受けておくようにしましょう。

お子様の虫歯治療

子供の歯は生え替わるから虫歯になっても放っておいていいとお考えの方も多いようですが、実際はそんなことはありません。乳歯の虫歯が進行すると、根っこの部分にまで細菌が感染し、永久歯にも影響することがあります。
また、虫歯で乳歯が早めに失われた場合は、お口の中のバランスが悪くなり、歯並びにも悪影響があります。

乳歯は、永久歯がきれいに生えてくるための重要な役割を担っていますので、決して軽んじてはいけません。
むしろ、乳歯は永久歯よりも柔らかく虫歯が進行しやすいため、丁寧にケアをしていく必要があります。
当院では、小さなお子様の歯のお手入れや予防についてもアドバイスをしておりますので、ぜひご相談ください。

レーザー治療

当院は炭酸ガスレーザーとYAGレーザーを導入しており、これらを使用することでお口の中の細菌を殺したり、痛みを緩和したりすることができます。
特に歯周病、根管治療、知覚過敏などに用いることが多く、場合によっては歯茎の黒ずみ除去にも使用します。

レーザー治療の例

歯周病 歯と歯茎の間にできる歯周ポケットに細菌が溜まると、歯周病がどんどん悪化していきます。そこで、この部分にレーザーを当てて細菌を死滅させます。また歯周病によって腫れてしまった歯茎に照射することで、膿を出したり腫れを抑えたりすることもあります。
知覚過敏 虫歯ではないにもかかわらず、冷たいもので歯がしみることを知覚過敏といいます。レーザーを歯に照射することで痛みを緩和する治療を行います。
根管治療 歯の根っこの中をきれいに殺菌するために、レーザーを用いることがあります。
歯茎の黒ずみ 歯茎に色素が沈着して黒ずんでくることがあります。その場合、歯茎にレーザーを照射して、色素を分解します。
口内炎 口内炎にレーザーを当てることで痛みを緩和し、回復を早めます。
顎関節症 お口の開け閉めで顎の関節が痛む場合は、レーザーを照射することで痛みを改善します。

歯周病治療

歯周病は、歯に付着したプラークが歯と歯の間にある歯周ポケットに入り込み、歯茎に炎症を起こしたり歯を支えている骨を溶かしてしまったりする病気です。

日本人は、成人の約8割が歯周病にかかっていると言われていますので、いつもお口の中を清潔にし、定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。

歯周病の主な症状

  • 歯茎が腫れる
  • お口の中がネバネバする
  • 歯茎から血が出る
  • 歯がグラグラする
  • 歯茎に膿が溜まる
  • しっかり噛めなくなる
  • 口臭が気になる
  • 歯並びが崩れる

これらの症状が見られる時には、既に歯周病はかなり進行しています。
歯周病は、初期は自覚症状が出ないまま悪化していきますので、常に歯周病ケアを怠らないようにすることが重要です。

歯周病の治療

ブラッシングの改善 歯科衛生士によるブラッシング指導を行いますので、磨き残しのないよう、毎日のお手入れを見直しましょう。もちろん、歯ブラシ以外のケア用品の使用も重要です。
歯石除去(スケーリング) 細菌の塊であるプラークは、固い歯石になります。これがあるとさらにプラークがつきやすくなるため、除去する必要があります。ただし、歯石はブラッシングでは落とせないため、定期的に歯科医院でスケーリングを受ける必要があります。
虫歯や被せ物の治療 虫歯ができていたり、被せ物に不適合があったりすると、お口の中が不衛生になりやすいため、これらも併せて治療していきます。
クリーニング 歯の表面を磨いてきれいな状態にし、さらにツルツルにすることで汚れがつきにくくします。
レーザー 歯茎が腫れている時や膿が溜まっている時は、レーザーによる治療も行います。

予防歯科

虫歯の予防

虫歯は、歯の表面に虫歯菌が住み着き、糖を分解することで酸を出します。
この酸が歯を溶かし、さらに排泄物がプラークと呼ばれる塊になってさらに虫歯菌が繁殖しやすい状態になります。
こういった状況を防ぐためには、毎食後、正しい歯磨きをして細菌が繁殖しにくい口内環境を作ることが重要です。
歯磨きはしているつもりでも、「正しく」できている方はほとんどおらず、多くの方はどこかしらに磨き残しがあるものです。

まずは歯科衛生士の指導に基づくブラッシング改善をしていきましょう。
さらに、糖をキシリトールなどの代用甘味料に置き換えることで、虫歯菌が酸とプラークを作り出すことを防げます。

歯周病の予防

歯周病の予防に大事なのは、プラークコントロールです。
虫歯予防と同様に、まずは歯磨きを改善し、毎日正しいお手入れを続けていくようにしましょう。

ただし、歯石など、ご自宅では取れない汚れも溜まっていきますので、必ず歯科医院でのスケーリングやクリーニングも続けていってください。
当院では、歯周病予防のために、定期的にリコールはがきをお送りさせていただいております。

フッ素塗布

歯にはリンやカルシウムといった成分が含まれていますが、虫歯菌によって歯の表面が溶かされると、これらの成分が溶けだしてしまいます。
フッ素を塗ることで歯にリンやカルシウムを再び取り込ませるサポートをします。

さらに、フッ素そのものが歯に取り込まれることによって、虫歯菌の攻撃を受けにくい丈夫な歯を作ることにもなります。
当院では市販品よりも濃度の高いフッ素を塗布していますので、ご希望の方はお気軽に起こしください。

シーラント

シーラントは、虫歯になる前に、歯の溝をプラスチック素材で埋めてしまう予防法です。
溝は虫歯菌が溜まりやすいのですが、あらかじめ塞いでしまうことで虫歯発症率をかなり抑えることができます。
特に乳歯や生えてきたばかりの永久歯は虫歯になりやすいため、早めにシーラントを受けておくようにしましょう。

審美治療(セラミックス治療)

セラミックスとは

陶器と同じ材料で作った詰め物や被せ物のことをセラミックスと言います。陶器単体で作られているものもあれば、レジンと呼ばれるプラスチック素材との混合物もあり、審美性や耐久性などを考慮してお選びいただくことになります。なお、詰め物・被せ物には、歯の一部に詰める「インレー」、表面の大部分を覆う「アンレー」、全体を被せるように装着する「クラウン」があります。なお、当院では、できるだけ精密なものをお作りするために、信頼のできる歯科技工士にお願いしております。

セラミックスの特徴

  • 硬い
  • 透明度が高く、自然な仕上がりになる
  • 変色しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

セラミックスの種類

メタルボンド 陶器のみで作ると耐久性が高くないため、金属のフレームに陶器を焼き付けて作ることがあり、これをメタルボンドと呼んでいます。なお、当院では色合いや焼き付き具合を良くするために、金-白金の高純度合金を使用しています。
AGCガルバノクラウン 歯の色合い、身体への適合、非金属アレルギーを考慮し、純金(99.9%)のフレームで作った被せ物です。フレームが通常のメタルボンドよりも薄くて明るい仕上がりになるため、より自然な仕上がりになります。
ジルコニアセラミックス 金属を一切使用せず、ジルコニアと呼ばれる白くて硬い素材の上に陶器を焼き付けたものです。金属アレルギーの心配が一切なく、色合いもかなりきれいに仕上がります。
ハイブリッドレジン 陶器に近い素材と硬いプラスチック素材で作られたもので、やや柔らかい仕上がりになる分、被せる歯や噛み合わせる歯への負担が小さくなります。また、費用も抑えることができるのも大きな特徴です。