インプラント治療

インプラントとは

インプラントは、歯を失った箇所に人工歯根を埋め込み、顎の骨としっかりとくっついた後に人工歯を取り付ける治療法です。
自分の歯と同じように噛むことができるようになるのが最大の特徴で、さらにお口の中の違和感や見た目の不自然さもありません。

成人した方であればどなたでも受けていただくことができますが、糖尿病などの全身疾患を持っている方の場合は特別な措置が必要になったり、場合によってはインプラントが不適合となったりすることもあります。

インプラントがお勧めの方

  • 入れ歯は避けたい
  • 美味しい食事を楽しみ続けたい
  • 残っている歯を削りたくない
  • 目立たないよう自然な仕上がりを希望している
  • 違和感がない治療を選びたい
  • 自分の歯とほぼ同じ状況を取り戻したい

インプラント治療の流れ

1検査、治療計画作成

レントゲン、歯科用CT、模型、シミュレーションソフトなどを用いて各種検査を実施し、治療計画を作成します。

矢印

2術前処置

虫歯や歯周病がある場合は、まずそれらを治療します。

矢印

3インプラント埋入手術

歯を失ったところへ、人工歯根を埋め込みます。

矢印

4待機期間

埋め込んだ人工歯根が顎の骨としっかりくっつくまで、2ヶ月〜6ヶ月待ちます。

矢印

5人工歯の作成

型を取り、人工歯を作成して装着します。

矢印

6メンテナンス

できるだけインプラントを長持ちさせるために、定期検診とご家庭での正しいお手入れを続けていきましょう。

当院のインプラント治療

光機能化

インプラント体はチタン製ですが、チタンは製造から時間経過に応じて炭素が付着していき、これがチタンと骨との結合を弱めてしまいます。光機能化は、特殊な光を照射することで炭素を除去し、骨との結合を強固なものにします。なお、当院はこの技術を開発したUCLAの小川隆広教授より、正規の認定を受けています。

CGF

患者様のご自身の血液を利用して、骨を再生したり手術部の治癒を早めたりすることができる再生医療です。血液の中には傷を治す成分「血小板」と「フィブリノーゲン」が含まれています。患者様の血液を加工して、これらの成分を固めたものを「CGF」と呼びます。当院では、「再生医療の安全性の確保等に関する法律」に基づき、厚生労働省の認可を取得しております。

歯科用CT

インプラントを埋め込む顎の骨は、人によって形が異なります。
当院では、より安全で長持ちするインプラント治療を実現するために、歯科用CTを導入しております。
これによって立体的な画像によってより精密な診断が可能となりました。

インプラント専用の治療室

衛生管理が徹底されたインプラント専用の治療室をご用意。
さらに、インプラントの専門的な教育を受けたスタッフのみで治療を進めて参ります。

インプラント専門医

インプラント関連の学会から認定を受けている専門医が治療を行います。
また、当院はこれまで30年以上に渡ってインプラント治療を行ってきた実績があります。

治療後のメンテナンス

治療後は、歯科衛生士が正しいブラッシングの指導をさせていただき、また院内で患者様の治療データをきちんと残すシステムを導入しています。
さらに将来ご来院が難しい状況になってしまった場合にも、訪問診療でメンテナンスを継続して受けていただくことができます。

インプラントについてのよくある質問

Q

インプラント以外の治療法について教えてください。

A

歯が抜けた時は、インプラント以外にブリッジと入れ歯という選択肢があります。

ブリッジ 歯が抜けたところの両側に残っている歯を削り、連結した被せ物を取り付けます。
健康な歯を削らなければならないのが最大のデメリットで、さらに支えにする歯には強い負担がかかり続けるため、ヒビ割れが起きることやグラグラしてくることがあります。
入れ歯 入れ歯はお口の中に違和感があり、しっかりと噛めない、そして取り外しをして洗わなければならないという特徴があります。

インプラントであればこれらがすべて解消されますので、近年はインプラントを選択される方が増えてきています。

Q

インプラントはどのくらい使い続けることができますか?

A

元々の顎の骨の状態や治療後のメンテナンスによって異なりますが、30年以上使い続けている患者様もいらっしゃいます。一方で、メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になってしまいますので、定期検診を欠かさずに受け、いつも衛生的な口腔内環境を維持するようにしましょう。

Q

インプラント治療は安全ですか?

A

当院では歯科用CTを使って立体的にお口周りの状態を把握し、さらにインプラントの専門医が事前にシミュレーションなどもきちんと行った上で、安全性最優先の治療を行っております。

Q

治療時の痛みはありますか?

A

治療時は、麻酔をしますので痛みはありません。
ただし、恐怖心が強い方にはほとんど眠った状態で治療を受けられる静脈鎮静を使用します。