スタッフブログ

2016.11.29更新

0000000

先週、11月24日(木)に東京に雪が積もりました。

11月の初雪は52年ぶりとのことで、前回の11月の初雪は、

東京オリンピックよりも前のことです。

紅葉も終わっていない時期の雪化粧、本当に驚きました。

地球温暖化と言われているのに、なぜ11月に雪が降った

のでしょうか?

北極付近の海水温が上昇すると、偏西風が蛇行しやすくなり、

偏西風の北側には寒気、南側には暖気があるので、

偏西風の位置が日本付近でかなり南下したことに伴い、

東京がすっぽり寒気に覆われてしまったそうです。

今年の冬の寒さが厳しくないことを祈るばかりです。


 

 

2016.11.29更新

0000000

先週、11月24日(木)に東京に雪が積もりました。

11月の初雪は52年ぶりとのことで、前回の11月の初雪は、

東京オリンピックよりも前のことです。

紅葉も終わっていない時期の雪化粧、本当に驚きました。

地球温暖化と言われているのに、なぜ11月に雪が降った

のでしょうか?

北極付近の海水温が上昇すると、偏西風が蛇行しやすくなり、

偏西風の北側には寒気、南側には暖気があるので、

偏西風の位置が日本付近でかなり南下したことに伴い、

東京がすっぽり寒気に覆われてしまったそうです。

今年の冬の寒さが厳しくないことを祈るばかりです。


 

 

2016.11.26更新

歯が1本~数本抜けてしまった時に入れる義歯を

「局部床義歯」といいます。

この局部床義歯の場合、残った歯に針金を歯に合わせた

装置(クラスプ)をかけますが、

最近は針金を使わず義歯の歯肉の部分を、

残っている歯に巻きつけた感じで作られた

「ノンクラスプデンチャー」が多く出回るようになりました。

0


 

2016.11.25更新

乳がんの早期受診を啓発する「ピンクリボン」は、皆さんご存知だと思いますが、

「レッド&ホワイトリボン」はご存じでしょうか。

0

口腔ガンは、がんの死亡率第10位(46.1%)でがんの中でも多いのですが、

あまり注目されていません。

「レッド&ホワイトリボン」は、口腔がんの早期発見と検診の受診を促すもので、

アメリカなどでは比較的メジャーな運動です。

口腔がんは、様々な要因で発症すると言われています。歯並びが極端に悪い、

入れ歯が合わなかった、虫歯の詰め物が不適合だった場合に発症したケースも

あるそうです。

口腔がんは、がんになるまでに5~10年かかりますので、お口の中で気に

なることがある方は、一度検診を受診してみてはいかがでしょうか。


 

2016.11.22更新

口腔ケアで施設に伺うと、「いらっしゃい」と手を振り、

笑顔で迎えてくださる場面があります。

お元気なご様子に、私も笑顔になります。

また、口数が少なく表情が硬く見られる方も、

口腔ケアが終了する頃には、「ありがとう」と声をかけてくださいます。

とっても嬉しい瞬間です。

時に自分は、皆さんに何かできているのかと悩みます。

しかし、笑顔を拝見すると力が湧いてきます。

そんな不思議な力を与えてくださる皆さんに、心から感謝いたします。

1


 

 

2016.11.19更新

3階の壁飾りを作っている歯科衛生士です。

少しでも、患者さんの治療への怖い気分が

やすらぐといいなと思って、毎月作っています nico

1234


 

2016.11.12更新

下顎前突とは、下のアゴが上のアゴよりも前に出過ぎた状態、

もしくは下の前歯が上の前歯より前に出ている状態のことをいい、

一般的に「受け口」と呼ばれています。

本来は上の前歯が下の前歯より前にあります。

 

下顎前突の原因について

原因その1 遺伝的な原因

下のアゴが大きい、または上のアゴが小さいなどの、骨格性の遺伝が

受け口の原因に大きく関与することが多いです。

たとえば、父親、母親、祖父、祖母に「受け口」の人が存在していると、

「受け口の遺伝的な要素」が原因と考えられます。

 

原因その2 上の前歯が反対に傾いているのが原因の場合

上アゴの前歯が内側に傾いていて、下アゴの前歯が外側に傾いていることが

原因で反対咬合になる事があります。上のアゴと下のアゴの前後的なバランスの

問題は除く。早期に改善することで歯並びは良好に改善されます。

 

原因その3 癖が原因の場合

子供のころから無意識に下のアゴを前に突き出す癖(アイーン)があったり、

下のアゴを前にして上下の前歯で噛もうとする癖があることがあります。

また、口で呼吸をする場合は舌の位置が不安定(低位)になり、下の前歯の裏側を

舌で押して結果として、アゴ全体が前に押し出されてしまうことがあります。

これらのいわゆる悪習癖が原因で、だんだんと受け口になってしまう場合が

あります。

 

下顎前突を放置した場合の将来的な弊害について

受け口は、低学年の時期に治療をすることが重要です。

低学年児の成長の特長として上のアゴの成長期に当たり、

そのまま思春期(高学年、中学生)に移行すると下のアゴの成長期になり、

「受け口」の状態が悪化することが予測できます。

早期治療で受け口が改善された場合でも、思春期成長により再度下アゴの

成長により「受け口」になる事もあります。

k1


 

2016.11.12更新

下顎前突とは、下のアゴが上のアゴよりも前に出過ぎた状態、

もしくは下の前歯が上の前歯より前に出ている状態のことをいい、

一般的に「受け口」と呼ばれています。

本来は上の前歯が下の前歯より前にあります。

 

下顎前突の原因について

原因その1 遺伝的な原因

下のアゴが大きい、または上のアゴが小さいなどの、骨格性の遺伝が

受け口の原因に大きく関与することが多いです。

たとえば、父親、母親、祖父、祖母に「受け口」の人が存在していると、

「受け口の遺伝的な要素」が原因と考えられます。

 

原因その2 上の前歯が反対に傾いているのが原因の場合

上アゴの前歯が内側に傾いていて、下アゴの前歯が外側に傾いていることが

原因で反対咬合になる事があります。上のアゴと下のアゴの前後的なバランスの

問題は除く。早期に改善することで歯並びは良好に改善されます。

 

原因その3 癖が原因の場合

子供のころから無意識に下のアゴを前に突き出す癖(アイーン)があったり、

下のアゴを前にして上下の前歯で噛もうとする癖があることがあります。

また、口で呼吸をする場合は舌の位置が不安定(低位)になり、下の前歯の裏側を

舌で押して結果として、アゴ全体が前に押し出されてしまうことがあります。

これらのいわゆる悪習癖が原因で、だんだんと受け口になってしまう場合が

あります。

 

下顎前突を放置した場合の将来的な弊害について

受け口は、低学年の時期に治療をすることが重要です。

低学年児の成長の特長として上のアゴの成長期に当たり、

そのまま思春期(高学年、中学生)に移行すると下のアゴの成長期になり、

「受け口」の状態が悪化することが予測できます。

早期治療で受け口が改善された場合でも、思春期成長により再度下アゴの

成長により「受け口」になる事もあります。

k1


 

2016.11.12更新

下顎前突とは、下のアゴが上のアゴよりも前に出過ぎた状態、

もしくは下の前歯が上の前歯より前に出ている状態のことをいい、

一般的に「受け口」と呼ばれています。

本来は上の前歯が下の前歯より前にあります。

 

下顎前突の原因について

原因その1 遺伝的な原因

下のアゴが大きい、または上のアゴが小さいなどの、骨格性の遺伝が

受け口の原因に大きく関与することが多いです。

たとえば、父親、母親、祖父、祖母に「受け口」の人が存在していると、

「受け口の遺伝的な要素」が原因と考えられます。

 

原因その2 上の前歯が反対に傾いているのが原因の場合

上アゴの前歯が内側に傾いていて、下アゴの前歯が外側に傾いていることが

原因で反対咬合になる事があります。上のアゴと下のアゴの前後的なバランスの

問題は除く。早期に改善することで歯並びは良好に改善されます。

 

原因その3 癖が原因の場合

子供のころから無意識に下のアゴを前に突き出す癖(アイーン)があったり、

下のアゴを前にして上下の前歯で噛もうとする癖があることがあります。

また、口で呼吸をする場合は舌の位置が不安定(低位)になり、下の前歯の裏側を

舌で押して結果として、アゴ全体が前に押し出されてしまうことがあります。

これらのいわゆる悪習癖が原因で、だんだんと受け口になってしまう場合が

あります。

 

下顎前突を放置した場合の将来的な弊害について

受け口は、低学年の時期に治療をすることが重要です。

低学年児の成長の特長として上のアゴの成長期に当たり、

そのまま思春期(高学年、中学生)に移行すると下のアゴの成長期になり、

「受け口」の状態が悪化することが予測できます。

早期治療で受け口が改善された場合でも、思春期成長により再度下アゴの

成長により「受け口」になる事もあります。

k1


 

2016.11.12更新

気づいたら、歯の表面が黄色っぽくなっていることは無いでしょうか?

エナメル質は、コーヒーやカレー、赤ワイン、たばこ、

加齢によっても着色することがあります。

歯磨きである程度は落ちますが、それ以上は白くなりません。

磨きすぎると、歯が削れてしまうことになります。

ホワイトニングとは、マウスピースの中に専用のジェルを入れて、

歯を漂白することです。

10日ほど、就寝中に装着すると驚くほど白くなります。

自宅で簡単にできますので、歯の色が気になっている方は、

スタッフにご相談ください。

 0


 

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY