スタッフブログ

2019.02.25更新

ナイトガードは、歯ぎしりから歯を守るために使用し、やわらかいタイプと硬いタイプがあります。また、オールセラミックスを入れていると、歯ぎしりにより破折してしまう場合があるので、補綴物を守るためにも使います。

0

歯ぎしりにお困りの方は、ぜひご相談してみてはいかがでしょうか。


 

2019.02.23更新

0

寒い日は、ついつい体に力が入り、ぐっと歯を食いしばっていることが多いように思います。その状態が続くと、肩が凝ったり、顎の関節が痛くなったり、いろいろな症状が出ることがあります。なるべく、気が付いた時は、肩の力を抜いて、食いしばらないように気を付けてください nico


 

2019.02.19更新

0

当院受付に設置しておりますユニセフ募金にご協力いただき、誠にありがとうございます。

皆様からお預かりいたしました募金は、2月18日で12,670円となり、累計で54,253円となりました。この募金は、当院よりユニセフに送金いたしまして、ユニセフの支援事業に分配されます。皆様の暖かいご協力に、心より感謝いたします。また、募金箱は継続して設置いたしますので、皆様のご協力をお待ちしております。

西東京歯科医院 職員一同


 

2019.02.19更新

0

当院受付に設置しておりますユニセフ募金にご協力いただき、誠にありがとうございます。

皆様からお預かりいたしました募金は、2月18日で12,670円となり、累計で54,253円となりました。この募金は、当院よりユニセフに送金いたしまして、ユニセフの支援事業に分配されます。皆様の暖かいご協力に、心より感謝いたします。また、募金箱は継続して設置いたしますので、皆様のご協力をお待ちしております。

西東京歯科医院 職員一同


 

2019.02.18更新

当院にご来院される方の中には、バスでお越しになる方もいらっしゃるかと思います。本院の最寄りのバス停である栄町二丁目に停車するバスに、はむらんというバスがあります。

はむらんは、羽村市内を走っているコミュニティバスで、平成24年から運用されています。全国初の実用運行された小型電気バスによる路線バスだそうです。はむらんには、車体側面と後方にハートマークのロゴがデザインされているのですが、羽村市のHPによりますと、「車体には、電気自動車であることがわかるデザインロゴをつけるとともに、電気バスが停車するバス停にも同様のデザインロゴを表示します。高齢の方や子どもたちにも、電気自動車ということを分かりやすくするため、コンセントをシンボライズし、環境にやさしいバスをハートで、笑顔にも見えるようにデザインしています」との意味が込められているそうです。

0

まだ乗ったことがない方は、ぜひ一度乗ってみてはいかがでしょうか。また、本院最寄りのバス停の時刻については、待合に掲示がありますのでご参考にしてください。

はむらんのより詳しい情報は羽村市のHPをごらんください。

http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000003043.html


 

 

2019.02.11更新

0

今年は、インフルエンザが猛威を振るい、何人もの方が亡くなったり、異常行動があったりと、あらためてインフルエンザは怖いなと思いました。

私ごとですが、もう1つ怖いのが、”花粉症”です。もうすぐその時期がやってきます。今年は去年の6倍!?とニュースで言っていました。皆さん、眼科に耳鼻科に病院巡りはお早めに・・・。


 

2019.02.06更新

 長年、介護老人施設や病院などにお伺いしておりますと、訪問先で患者様の治療や口腔ケアに取り組むことができるのが当たり前で、施設や病院の施設長、事務長、ご担当者の方々のたくさんのご配慮があって行えること、職員皆様のご協力をいただきくことで成り立つことなど忘れがちです。

あらためて現在の恵まれた環境のなかでお仕事できることに感謝申し上げ、また感謝の気持ちを忘れることなく。患者様のお役に立てればと思います。

0


 

2019.02.04更新

みなさんは、毎日生活していく中で、大なり小なりストレスがたまってくると思いますが、どのようにそれを発散しますか?

現在は、少しの隙間時間にでも、スマホで情報収集したり、仕事をしたりする方が多くなり、ほっとひと息つける時間、脳が休める時間が減ってきているのではないでしょうか?

ストレス解消法としては、おしゃべり、スポーツ、趣味に打ち込む、美味しい物を食べる、などは一般的に知られていることですよね。これらの意識的な行動とは別に、無意識のうちに歯ぎしりをしたり、上下の歯を強くくいしばることが、脳のストレス解消になっているそうです。ストレスが強くなると、歯ぎしりしたりくいしばったりする人は多いのではないでしょうか。ただ、この歯ぎしりやくいしばりで脳は楽になりますが、これは歯や歯を支えている歯周組織や顎の関節にとっては、とても過酷なことなのです。

噛む力というのはとても強いです。だから、普段の食事で硬い物を噛み切ることができるのです。この強い力が、食事以外の時間帯に歯や歯周組織や顎関節にかかってくる、いわゆる歯ぎしりやくいしばりをしていると、歯に亀裂やヒビが入ってきたり、作った差し歯が壊れたり、歯周組織は歯周炎になったり、顎は顎関節症になってくることがあります。では、歯ぎしりやくいしばりをやめるにはどうすればいいでしょうか?

これは中々簡単ではありません。

1つの方法としては、自分の目につく場所に、「上の歯と下の歯を離す!接触させない!」と書いて貼っておき、自分に意識改革を促す、という方法があります。

もう1つの方法として、歯科医院で歯型をとって、お口にフィットしたマウスピースを作る方法があります。マウスピースを介在して歯ぎしりやくいしばりをすることで、歯や歯周組織や顎関節にかかる力が軽減します。このマウスピース作製は、健康保険が適用されています。

ご自身で思いあたるところがある方は、一度マウスピースを作ってみてはいかがでしょうか?


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY