スタッフブログ

2017.10.20更新

最近はすっかり寒くなって、天気が良くない日が続きますね。秋と言えば〇〇の秋。いろいろありますが、私は食欲の秋です。秋は美味しいものが増えるので、体重を気にしながら味わいたいものです。今回は、入れ歯の洗浄剤について説明したいと思います。

入れ歯の洗浄剤にはたくさんの種類がありますが、入っている成分によって洗浄効果の違いがあったり、入れ歯への影響があることをご存知ですか?

例えば、金属の入った入れ歯は、”次亜塩素酸”や”酸”を主成分とする洗浄剤を使用すると、劣化が早くなると言われています。洗浄効果については、殺菌作用のあるもの、消臭作用のあるもの、歯石の取れるものなどがあります。購入されるときには、是非確認してみてください。何かご不明なことがあればお気軽にご質問ください。

洗浄剤は、あくまでもどうしても磨ききれないところを補うものなので、入れ歯用ブラシで磨くことを忘れないでくださいね。

 0


 

2017.10.16更新

世界でもっとも予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率が全国民の80%以上です。また、他の欧米諸国も70%ほどを保っています。これに対し、日本はなんと10%未満!

これでは虫歯や歯周病が悪化してしまうのも仕方ありません。今まで歯医者と言えば、「歯が痛くなってから行くところ」と認識されている方が多いのではないでしょうか。しかし、歯の治療は「悪くなった部分を削る」ことですので、歯を少しずつ失ってしまうことに変わりはないのです。

最近は日本でも「予防歯科」に注目が集まっています。

一生自分の歯で過ごせるように、定期検診を受けましょう。

 0


 

2017.10.09更新

すっかり秋めいて、過ごしやすい季節になってまいりました。ただ、気温の変化も大きく、夏の疲れが出てくるときでもあります。夏の前の梅雨時は、歯茎が腫れたり、うんだりしやすいですが、この季節はそういうことは少なく、食べ物もおいしく食欲もだんだん出てきたり、行事も多いので、お口の調子が悪いと不快で、せっかくの美味しいものも味わえないなどの不都合がおきます。定期検診やお掃除を受けにいらしてください。

1 2


 

2017.10.07更新

特別養護老人ホームの訪問口腔ケアをさせて頂いています。

ベッドで横になられているAさん。
口腔清掃、口腔体操に対して穏やかな反応をしてくださる。ただ、根だけの歯が存在していて、根だけの歯は歯肉が腫れやすいため、毎週清掃していても周りの歯肉は赤くなっていました。一歯用の歯ブラシを使用して 細かく歯磨きをしたのですが、「痛い!」と言われてしまいました。『痛いのは不快だから、歯磨きは嫌な思いをされたかな?』と心の中で感じながら、ケア後の挨拶「終わりましたよ。また、来週も来ますね。」と伝えますと、思いがけず、「ありがとう~」とのお言葉を仰ってくださいました。嬉しくて、ほっとする一瞬です。『よかった』という思いが、心の中に広がりました。

ベッドで横になられているBさん。
お昼をされていましたが、介護スタッフの方が声掛けしてくださり、車椅子に乗せてくださいました。寝起きでも、笑顔で対応してくださり、唾液もよく出ていて、大きな声で発声練習もしてくださいました。ちょっと周りに響く大きなお声でしたので、一緒に微笑んでしまいました。

人生のいろいろな経験をなされてきている方々、様々な対応・反応があります。
さっぱりすると喜んでくださる方、「やらなくていい」と怒ってしまわれる方、同じ方でもその日によっても反応が違います。

私たち歯科衛生士は、毎日接している施設のスタッフの方々のお力をお借りして、一人の方に対して 週一回程度の口腔ケアをやらせて頂いています。

週一回ですが、、、、
ケアをさせて頂く方と、一対一で向き合い、顔と顔を見合わせての口腔ケア。
その口腔ケアが、その方にとって  気持ちが良い(口腔も心も)と思ってもらえるような、『快』の刺激となるようにと心掛け、その方の生活環境にプラスになれるような口腔ケアでありたいと願っています。

0


 

 

2017.10.06更新

1

2

3

4


 

2017.10.02更新

こんにちは。

今年の夏は雨が多かったとはいえ、やっぱり暑くて大変でしたが、だいぶ涼しくなってきました。当院で育てたグリーンカーテンのゴーヤも、役目を終えてきたようですし、駐車場に植えている曼珠沙華が、きれいに咲いているなあと思っていたのも束の間で、萎れてきたのを見ると季節の移り変わりを感じます。

もうじき、当院の北側を東西に走っている市役所通りの街路樹の葉も、黄色くなってくるのではないかと思うと、紅葉狩りなんて言葉が浮かんできます。秋の楽しみといえば、紅葉狩り以外にも食欲の秋。食べ物も楽しみな時期です。目で楽しむ紅葉だけでなく、食欲の秋も楽しみたいです。そのためにも歯の健康について、しっかり意識したいものです。

0


 

2017.09.25更新

暑さもひと段落して、過ごしやすい季節になりました。読書の秋といいますが、なぜ読書の秋と言われるかご存知ですか?

9月は、夜が長くなるということから、「長月」と言われるようになりました。中国唐代の文人である、韓愈(かんゆ)が残した詩の中に、「燈火(とうか)親しむべし」という一説があり、「秋の夜は涼しさが気持ちよく、あかり(灯火)で、読書をするにはもってこい」という意味です。

秋は、読書に一番適した季節であるということを表現したこの言葉が、”読書の秋”の由来になっているそうですよ。脳の活動にとっても、秋の気温は最適なため、読書や勉強に没頭しやすい時期なんだそうです。そこで、私個人のお勧めの本を2冊ご紹介します。

 

 

百田尚樹著 「戦争と平和」

0

戦争とは? 憲法とは? 自衛隊とは? 物騒な世の中、平和を維持することがいかに大切かを改めて認識させられる一冊でした

 

 

中野信子著

0

題名が面白そうだったので、衝動買いしました。まわりに”こんな人”がいたら恐ろしいです。

 

 

皆さんも、秋の夜長に好きな本をゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか。


 

 

2017.09.19更新

皆様はじめまして!!  4月入社の新入社員です。新たな環境で過ごすと、時が早く感じるようで、もう半年が経とうとしています。最近、少しずつではありますが、できる仕事が増えてきて、"やりがい"を感じつつある今日この頃です。

さて、今回、初めてブログを任されましたので、内容を考えたところ、私に関する話をさせていただこうと思います。私は、産まれながらに歯が丈夫で、虫歯とはほぼ無縁な生活を送ってきました。これは両親からの遺伝が関係しているらしいです(お母さん、お父さん、ありがとう)。そのため、歯科医院に通うことがあまりありませんでした。以前、先生に私の口腔内を診査してもらったところ、歯の丈夫さを褒められました。ですが、注意されたことがあります。それは、"歯垢がたまりにたまったが故に生じる歯石が大量にある"とのことでした。 皆様の中には、私のように歯が丈夫ということで歯科医院から遠のいた生活を送っている方がいらっしゃるのではないのでしょうか。できれば3カ月~6カ月、少なくとも1年に1回は歯科医院を受診して、健康な状態を保ちましょう。私たちは、皆様の来院をお待ちしております。

0


 

2017.09.12更新

歯が1本無くなってしまった時に、両隣の歯を虫歯が無くても、かぶせることができるような形に大きく削り、両隣2本と無くなった1本とをつなげた形で作り、支えの歯2本にセメントでつける治療法です。ご自分で外すことはできません。削った歯は、残念ながら歯の寿命が短くなってしまう傾向にあります。ブリッジの材料には、保険診療で使える材料と、自由診療の材料があります。

0


 

2017.09.09更新

私は北区の王子に住んでいます。王子から小作まで毎日通勤していますが、そこでいろいろなことを感じます。例えば、「空気」と「空の色」です。空気は透き通り、空は高く鮮やかな色へと・・・。でも、残念ながらそれがどこが境界線なのかはわかりません。これからもいろいろなことを感じながら通勤したいと思います。

0


 

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY