スタッフブログ

2021.04.26更新

0

4月から本院では、月火水木金土日曜日、毎日診療を行っております。

詳細は毎月 こちらのページ でお知らせしております。

基本的に祝日以外は診療を行っていますので、急な歯の痛みでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。 


 

2021.04.19更新

新聞には身近な話題から、政界情勢などいろいろな情報が載っていますが、読者からの人生相談コラムは毎日読んでしまいます。

相談する側は老若男女問わず、相談される側は作家や医師など。

クスっと笑える内容からドスンと重たい内容までさまざまで、回答者の時には厳しく、時には寄り添った絶妙な回答にはいつも感心しています。

お口の関することでお悩みなどありました、当院スタッフまでお気軽にご相談ください。

0


2021.04.12更新

0

訪問先のご利用者様が書いてくれました。とても素敵な絵に癒されました(笑顔)


 

 

2021.04.02更新

本日、入社式が行われました。
本年度は、歯科医師と歯科衛生士と歯科助手と受付合の計6名が入社しました。緊張した様子でしたが、立派な抱負を述べていました。早く慣れるように応援しますので頑張ってください。

0


 

2021.04.01更新

4月は、様々な方が新しい生活をスタートする月です。学校に入学をする方、進級する方。新たに社会人になる方、新たな職場に移る方など。清々しいスタートが切れるように、口腔内のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。お口の環境を整えて、新生活を気持ちよくスタートさせましょう!!

0

4月から当院の診療時間が変更になっております。ご不明な点がございましたら、お気軽に受付までお問い合わせください。


 

 

 

2021.03.29更新

お花見ができない二度目の春が来ました。例年は、御苑や庭園や公園など、いろいろな桜を見に行っていたので残念です。今は近所の桜を遠目に見て、気を紛らわしています。あと、数年前に東京国立博物館で、館内にある桜が描かれている作品で、お花見気分を味わおうと企画がありました。そんな感じでインターネットで桜を見て、少しでもお花見気分を味わっています。まだまだ大変な期間が続きますが、皆さまお身体ご自愛ください。

 0


 

2021.03.22更新

過ごしやすい季節になりましたが、花粉症の私は花粉飛散のニュースを見ると、なんとなく症状が悪化する気がします。きっと気のせいですが・・・。いつもより、肌に優しい高めのティッシュを購入したり、花粉症対策で何をすればよいのか、何かよい食べ物や飲み物があるのかをネットで検索をしたり、薬局の花粉症コーナーを見たりしています。

まだまだしばらくこの状態が続くので、何とかいろいろな対処法で乗り切りたいと思う今日この頃です。 花粉症の皆様お大事にしてください。

0


 

2021.03.15更新

鬼滅ブーム!といわれてから一年は立ってるかと思いますが、未だに衰えが見られません。小さいお子さんなんかにも、歯医者怖い!って子に一の呼吸!といえば頑張ってくれる子も少なくないです。

鬼滅の映画も好評らしく、昨年の興行収入は350億突破したらしく堂々の一位。二位の映画は100億も超えてないようなので、いかにブームなっているかよく分かる数字だと思います。

次のブームが来る!と言われている、呪術廻戦は既に書店でも新刊を手に入れるのが難しいそうです。鬼の後に流行るのが、呪いや幽霊というのは、何とも日本人らしいと言いますか、昔からよく分からないもの、説明のつかないものを妖怪として考えてきた、日本人らしいかなと思います。そして、改めてそう言ったものを漫画で表現する土台を作り上げた水木しげる先生は、凄い方だと感じます。虫歯の妖怪に悩む前に何かありましたらすぐにご連絡して、来院してくださりますよう何卒よろしくお願いします。

0


 

2021.03.08更新

口の潤いのもとは唾液です。唾液は細菌やウイルスを防御し、さらに口腔内の汚れも洗い流してくれます。その他にも、粘膜保護作用や、傷ついた粘膜組織を修復するなどの作用があります。この様に唾液は感染症予防からも重要な役割を担っているため、口腔内の乾燥対策が重要です。唾液は副交感神経が優位なときによく分泌されるので、リラックスする時間を確保し、下記の図のように唾液腺マッサージをおこなうこともお勧めです。また咀嚼(そしゃく)することでも唾液量が増えるので、食べるときはよく噛んで食べてください。今の時期は室内が乾燥しやすくなり、口腔乾燥の原因にもなるので、加湿器を使って部屋の乾燥を防ぐことも大切です。さらに口呼吸が癖になっていて口を閉じられない人は唾液の蒸発を防ぐマスクや、保湿剤配合のスプレーなどを利用して口の中を乾燥させないようにしましょう。

唾液を作る組織の障害や、服用薬の副作用で減少する場合もあるので、口腔乾燥が気になる場合は、ぜひ歯科に相談してください。口から食事を摂られていない方も、唾液が減って口腔内が汚れやすくなるため、歯科への相談をお勧めします。

*唾液腺マッサージ*

0


 

2021.03.03更新

こんにちは。今年のひな祭りは、令和3年3月3日で、3並びでしたが皆さんはどのように過ごしましたか。ひな人形を飾った方、ちらし寿司を食べた方、様々だと思います。歯の悩みが無いと格段に食事などもおいしいですよね。きちんとメンテナンスをして、おいしいご飯をたくさん食べたいですね。

0


 

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY