スタッフブログ

2018.07.14更新

当院受付に設置しておりますユニセフ募金にご協力いただき、誠にありがとうございます。

皆様からお預かりいたしました募金は、7月13日で6,367円となり、累計で41,583円となりました。この募金は、当院よりユニセフに送金いたしまして、ユニセフの支援事業に分配されます。皆様の暖かいご協力に、心より感謝いたします。また、募金箱は継続して設置いたしますので、皆様のご協力をお待ちしております。

西東京歯科医院 職員一同


 

2018.07.13更新

警察庁より死者200名以上と発表がありました。

この度の西日本豪雨災害により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。また、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

「地震や洪水の恐ろしさはテレビでよく知っている。でも、自分や自分の家、事業所は多分大丈夫」。心のどこかでそう思ってしまいます。
実際に被害にあった方がテレビのインタビューで「ここで60年暮らしているけど、こんなことは初めてだ。テレビで災害のニュースはよく見るけど、まさか自分がこんな目に遭うとは思ってもなかった。」と。一般的には、直接自分が脅威にさらされている場合を除き、平常時にリスクを自分の問題として捉えることは大変難しいことです。他者の災害を「対岸の火事」と見てしまいます。

今回の災害を自分の身に置き換えて、危険が迫っている場合にはどう行動すべきか、少しでも被害を軽減するためにはどんな事前対策が必要なのかを、自分のこととして考えなければならないと痛感しました。


 

2018.07.03更新

0

観測史上最速の梅雨明けを経て、間をあけることなく気温も高まり、夏への移ろいを感じさせる今日です。このような気候の急激な変化は、生活や体調にまで影響を与えます。例えば、一時的な免疫力の低下を招き、それにより歯肉炎や歯周病を生じさせたり増悪させます。免疫力の維持は、バランスの良い栄養摂取に質の高い睡眠からです。バランスよく、偏りのない食事のためには、良好な口腔環境と口腔機能の維持が欠かせません。思い当たることがありましたら、是非検診に来ていただければと思います。


 

2018.07.02更新

毎日暑い日が続き、体調を崩しやすい時期だと思います。そんな時に、口腔内を清潔に保つことも、健康につながると言われています。歯石の除去などを受けてはいかがでしょうか。歯周病の予防にもなりますので、是非お勧めします。 

0


2018.06.24更新

先日、90歳になる父が他界しました。概ね穏やかだった人生でしたが、最後の5年ほどは2度の大腿骨骨折や4度の肺炎などでたいへんでした。それでも88歳になる母は、自宅での介護を選び、まさに老々介護。できるだけ子供たちも協力しましたたが、母が大腿骨を骨折し、残念ながら父は施設へ。一年ほどの施設での生活の後、子供たちの看ている前で、息を引き取りました。家族みんなで出来る限りのことをしたよ!! 親父安らかに。


 

2018.06.17更新

0

先日、久しぶりに近隣の小学校の歯科検診に参加させていただきました。生徒さんたちに明るく元気なご挨拶をいただいて、とても楽しく検診をさせていただきました。

皆さんも歯科検診はもう終わりましたか。受診が必要な場合は、早めに受診することをおすすめします。また、むし歯がなかった方も、是非歯磨き指導を受けて、きれいな歯を保てるようにしてください。 


 

2018.06.10更新

まだまだ夏バテと言うには早すぎる6月ですが、暑い日にはそんな言葉も浮かびます。

 0

いっぽうで植物は、日差しを浴びて調子が良さそうです。グリーンカーテンのために育てている朝顔も成長してきています。それはたいへん嬉しい事ですが、雑草もまた同じ植物で、元気がありあまっているようです。医院の敷地内には、植木や花があります。花など咲いているのをみると気持ちがいいものですが、土のあるところには雑草が生えてきてしまいます。コンクリートは大丈夫だろうと思っていると、その間からも生えてきます。なので、定期的に草取りを行っています。一通り行いますと、見栄えが良いですし、やはり気持ちいがいいです。ところが、綺麗に除草しても、すぐに生えてきてしまいます。困ってしまいますが、やはり綺麗な状態は維持したいので今後も定期的な手入れを行っていきたいものです。


 

 

2018.06.03更新

6月4日(火)~10日(日)までの1週間、歯と口の健康週間となっております。これは、厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が実施しています。歯科疾患の予防、早期発見、早期治療により歯の寿命を延ばすために、歯科検診をお勧めします。

0


 

2018.06.01更新

0

6月に入り、梅雨入りが近づいてまいりました。梅雨入り以降は、長雨や台風など、雨による災害が発生しやすくなります。羽村市も、土砂災害や河川の氾濫が予想される場所がございますので、普段から雨による災害を意識し、避難経路や避難所を確認しておくと良いと思います。また、万が一冠水で避難する場合、普段歩きなれている道でも足元に注意が必要です。マンホールや側溝の蓋が外れていたりする場合があり、大変危険です。そのような場合は、長い棒などを杖代わりにすると良いそうです。

防災情報につきまして詳しく知りたい方は、羽村市公式サイトの防災情報にある「防災ハザードマップ」をご確認ください。避難経路から避難時の注意事項まで記載があり、役に立つ情報が満載です。普段から防災を心掛け、いざという時に慌てないようにしたいものです。


 

2018.05.28更新

0

かぶせ物を入れた歯冠の歯と歯の間、コンタクトポイントの下の空隙の部分は、普通の歯ブラシではなかなか届きません。そうすると炎症を起こしてしまいますので、そのような場合は、歯間ブラシを是非お使いください。


 

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY