スタッフブログ

2020.09.14更新

厚生労働省は「歯科保健と食育のあり方に関する検討会」が提唱する、ひと口30回噛むことを目標にした「噛ミング30運動」を行っています。 
「噛ミング30運動」皆さんご存知でしょうか?
ひと口で30回噛むということは意外と難しいものですね。食事中、意識しないとなかなか出来ません。私も頑張ってみたのですが、アゴがだるくなってしまいました。普段、いかに噛んでいないかと実感させられました。

歯ごたえのあるものを多く噛むと唾液が分泌されて、少々歯磨きをしなくても汚れは自然に洗い流されていきます。そして、口の中の環境が良くなります。「噛ミング30運動」が薦められているのも納得です。「カレーは飲み物だ!」などと某芸能人が言っていましたが、「とんでもない!!」30回しっかり噛むことが「ボケ防止」、「肥満防止」その他、健康維持へと繋がるのです。皆さんも一口で30回噛む!一度ためしてみてくださいね。今日からすぐに出来て、しかもタダですから。^ ^

0


2020.09.07更新

まだまだ暑い日が続いています。

食欲が落ちたり、何を食べようか悩む毎日です。我が家では、毎日豆腐を食べるようになりました。必須アミノ酸をバランスよく含む、良質な植物性たんぱく質食品で、ビタミンB1も含まれていて、夏バテ予防にもよいそうです。何も食べたくないなという時でも、するっと食べられています。上にキムチや納豆などをのせて工夫しています。火を使わず調理できるのでオススメです。

まだ暑い日は続きそうなので、しばらく豆腐にお世話になります。熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。

0


 

2020.09.01更新

0

残暑がつづいている。今年の夏は特別で、コロナと酷暑のダブルパンチ。粛々とできることをやるだけなのだが、食欲は落ち、体力は落ちる。

せめて、運動をとも思うが少しやるともういいやと思えてくる。逆に、たたかってやろうとするとストレスになる。

ハミガキも面倒。歯間ブラシはもっと面倒。フロスなどもってのほか。うがいですませちゃうかってなりがち。しかし、ここでふんばるとあとが楽。虫歯もできないし、歯ぐきも腫れてこないし、口臭もしない。

ここからは自省。今できることは今やる。先のばしにしない。先の後悔の方が大体ひどく、ダメージが大きい。わかってはいるのだがね。秋はかならずくるし、コロナもかならず終息するのだ。 


 

2020.08.31更新

長い梅雨が明けたと思ったら、連日の猛暑。しかも昼の熱が夜まで残り寝苦しい日々。我が家ではこの夏にエアコンが壊れてしまい、入れ替えるまでの1週間、熱帯夜との闘いでした。熱中症は夜間も発症しますので、エアコンをつけたり、就寝前の水分補給など熱中症対策をとって、残暑を乗り切ってください。

 0


 

2020.08.24更新

訪問診療部門で活躍してくれている歯科衛生士のSさんが、折り紙の花を作ってくれました。

 とても立派で! ハイクオリティーに驚きですΣ(・□・;)

 大切に飾らせて飾らせていただきます。ありがとうございました。

00


 

 

2020.08.22更新

0

長い梅雨が明けたと思ったら、今度は猛暑日の連続です。新型コロナウイルスの影響もあり、出かけることも体を動かすことも少なくなっていることと思いますので、体調を崩している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時に、日本歯科医師会の日歯8020テレビの「口腔体操でオーラルフレイル予防」で、複雑な口腔機能を鍛えられる簡単な体操を紹介されています。ぜひご覧ください。

アドレスはこちらです。 https://www.jda.or.jp/tv/97.html


 

 

2020.08.18更新

0

2014年4月から保険導入されたCADCAM冠。当初は小臼歯(緑色の歯)のみが適用でしたが、今では範囲も拡大され条件付きではありますが、大臼歯(青色の歯)にも使用できるようになりました。詳細はスタッフにご相談ください。

CADCAM冠は白色なので、銀歯に比べて見た目が良く、金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。また、保険が効くので安価で作ることができます。


2020.08.03更新

0

みなさんこんにちは。7月も終わり8月になりました。7月は19日以外ずっと雨。全く夏らしくなかった今年の7月ですが、8月2日にやっと梅雨が明けました。これから気温が上がると思うので、来院時には熱中症に気をつけてください。


 

 

2020.07.29更新

まだ東京は梅雨が明けていません。今年の梅雨明けは、例年と比べると遅いそうです。また、大雨による被害があった地域はとても大変で、1日も早く元の暮らしに戻れることを願っています。新型コロナウイルスの感染者数も増えています。免疫学者によると、梅雨が明けて大気が乾燥してくるとウイルス感染症が増えてくるそうです。気持ちが落ち込みがちですが、新型コロナウイルスに感染しないために、十分気をつけて過ごしましょう。0


 

2020.07.27更新

0

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないと、そこに多くの細菌が溜まり、歯肉の縁が「炎症」を起こして赤くなったり、腫れたりします。更に進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が解けて歯が動くようになり、抜けてしまったり、抜歯をしなければならなくなってしまいます。

まずは、毎日の歯磨きをしっかり行って、定期的な歯石除去とクリーニングを受けることで、歯周病リスクを避けましょう。


 

 

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY