スタッフブログ

2020.01.20更新

ステインとは、歯の着色汚れのことを言います。

お茶やコーヒーなどに含まれる色素や、タバコのニコチンなどが長期にわたり歯に沈着するとステインになります。口の中が乾燥して唾液が少なくなるドライマウスになると、乾燥によってステインが落としにくくなります。改善策としては、ガムを噛むことで唾液が分泌し、落としにくい口腔環境を避けることができます。毎日、丁寧に磨いていても落としきれないステインもあります。歯をきれいに保つためにも、定期的に歯科医院でのクリーニングがお勧めです。是非お待ちしております。

0 0


 

2020.01.13更新

ニュースを見ていると、今年は暖冬との報道を目にします。社用車のタイヤも順次冬用タイヤへの履き替えを行い、スコップなどの除雪道具の確認をするなど、なるべく患者様が天候に左右されずに、治療をお受け頂けるよう準備をしています。そのため、冬の天気予報はいつも以上に気になります。年末に発表されました気象庁による3か月予報によりますと、今後3か月は気温が平均並みかそれ以上とのことです。

朝起きる度に、暖冬とは言うものの寒いじゃないかと思いますが、同じく気象庁のHPによりますと、暖冬とは12~2月における30年間の観測値を小さい順に並べて、21番目以上を指すそうです。ちなみにここ最近でもっとも暖かかったのは2006年のことで、この年は東京の初雪が3月だったそうです。冬は寒いより少しでも暖かい方が気分的には良いですが、暖冬のため2006年には、スキー場が運営出来なかったり、野菜の収穫に狂いが生じたりと困ったことも様々起こったそうで、これも困ったものです。

暖冬といえども、まだまだ寒い日が続くと思いますので、風邪をひかないようにご注意ください。

0


 

2020.01.06更新

災害の備えに、歯ブラシ等のオールケアグッズの大切が注目されています。過去に起きた大震災では、歯磨きができないため、ばい菌が肺に入って肺炎で亡くなった方もいました。ストレスがたまり、体の抵抗力も落ちる避難生活では、口腔ケアは大切です。ご自宅・会社の災害の備えに、オールケアグッズを追加することをお勧めします。また、水不足には、液体歯磨きもお勧めです。

0


 

2020.01.01更新

0

明けましておめでとうございます。皆様方の輝かしい年の始まりを御祝い申し上げます。

昨年は、改装工事で患者様にたいへんご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。工事は1階の内装、2階のトイレ、3階の診療室を2階へ移設などを行いました。今年も、患者様に気持ちよく診療を受けていただけるような医院を目指します。皆様方の御理解と御協力に感謝申し上げ、新年の御挨拶とさせていただきます。

医療法人社団仁岳会 理事長 井上俊明


 

2019.12.27更新

みなさん、唾液の働きをご存知でしょうか?

唾液は、1日に1-1.5リットルも分泌されると言われています。唾液には、お口の粘膜の保護や洗浄作用、むし歯や歯周病から歯を守るといった様々な働きがあります。唾液でお口を潤すことで、お口や歯をはじめ、私たちのからだ全体を守っていきます。

潤うお口にする為には次のようなことに気をつけると良いです。

①よく噛んで食べる

②シュガーレスガムを噛む

③規則正しい生活

④加湿器をつける

⑤マスクして寝る

⑥口呼吸を鼻呼吸に

⑦お酒はほどほどに

 唾液が少ないときは、むし歯や歯周病のリスクが高まります。おうちでできることにプラスして、歯科医院で定期的にチェックすることも大切です。

0


 

2019.12.16更新

0

今年は、元号が平成から令和となり、今年も残りわずかとなりました。当院の診療は12月28日の午前までで、午後から職員による大そうじとなりますので、午後は休診となります。来年は1月4日からの診療となりますので、よろしくお願いいたします。


 

 

2019.12.04更新

昨年から行ってきました改装工事ですが11月をもって無事終了しました。

工事は1階の内装から始まり、2階トイレ、3階の診療室を2階へ移設、通路の段差をスロープに置き換えるなどを行いました。患者様には大変ご迷惑をおかけしましたが、気持ちよく診療を受けていただけるような医院を目指して、今後も職員一同努めて参ります。

00


 

2019.12.02更新

当院訪問診療部門の西東京口腔ケアステーションでは、介護施設や病院に伺っていますが、ご自宅にもお伺いしています。

数年前からお伺いしている青梅市在中のAさん(92才)は、とても手先が器用でいつも折り紙を作って渡してくれますが、実は盲目です。そんなAさんは、当院スタッフの家族のことまで心配してくださるなど、とても心やさしい方です。奥様と娘様も同様で、いつも温かいお心遣いに本当に恐縮しています。これからもAさん家族のお役にたてるようスタッフ一同頑張って参りたいと思います。

Aさんが、お作りになった折り紙です。

0


 

2019.11.15更新

当院では、本日消火訓練を行いました。訓練の内容は、実際に水の入った消火器を使い、参加者全員が的に向かって放水しました。火災を想定した避難訓練や、地震を想定した避難訓練は毎年行っていますが、消火器を使った訓練は5年ぶりでした。万が一、当院で火災が発生した際、迅速に行動できるよう、職員一同真剣に取り組みました。
今後も、避難訓練と併せて患者様の安全を確保できるよう、努めてまいります。

0


 

2019.11.12更新

近年、美容外科や整形外科の分野でも行われているPRPという治療法の特集をTVで拝見しました。メジャーリーグの大谷翔平選手もPRPを用いた手術を受けたとの事でした。PRPは自らの血液を採血し、遠心分離を行い、損傷をうけた組織の再生、治癒に働きかける成分を多く含んだ血小板を濃縮したものです。このPRPを用いる事で、術後の痛みの軽減、骨の再生や傷の治癒の促進といった役割があります。

当院でも20年近く前よりPRPを導入し、インプラント治療を行ってきました。現在では、PRPではなくCGFを用いて再生療法を行っています。PRPとCGFは、自らの血液を使用して行う再生療法としては同じ効果があり、共に難しいインプラントのケースにおいて重要な役割を果たします。

2つの違いは、CGFは血液成分のみで用いるのに比べ、PRPは凝固剤の添加を必要とする事です。添加物を一切含まないという事でアレルギー等の観点からも有効であると思われます。治療について興味のある方は気軽に御相談下さい。

 0


 

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY