スタッフブログ

2016.11.26更新

歯が1本~数本抜けてしまった時に入れる義歯を

「局部床義歯」といいます。

この局部床義歯の場合、残った歯に針金を歯に合わせた

装置(クラスプ)をかけますが、

最近は針金を使わず義歯の歯肉の部分を、

残っている歯に巻きつけた感じで作られた

「ノンクラスプデンチャー」が多く出回るようになりました。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY