スタッフブログ

2017.06.06更新

先日、石垣島で2万7000年前の人骨が見つかったとの報道がありその写真をご覧になった方も多いかと思いますが、その下あごにはちゃんと「歯」が写っています。条件がよければ2万7000年経過しても「歯」は残るのです。

一方、だらだら食い、だらだら飲みや不十分なブラッシング、喫煙などにより数年(早ければ数ヶ月)で虫歯や歯周病で「歯」の喪失が起こってしまいます。

生活習慣を正し、きちんとブラッシングをして定期的な歯科健診を受けることで、ご自分の「歯」を調子よく長く使えるようにしませんか。

 8


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY