スタッフブログ

2019.09.24更新

世の中の半数以上の人達が、夜眠っている間に、ギリギリ音のする「はぎしり」か、音はしませんが上下の歯で力いっぱい咬みしめる「くいしばり」をしています。これは、日中のストレスを発散するためにしているので、とっても私達の役に立っています。ただしこの時の咬む力は、起きている時の「6~10倍」と、とても大きな力なので、歯がすり減ったり、歯が欠けたり、顎関節に負担が来て、顎関節症になったりしまいます。

この大きな力から、歯や顎関節を守るために、マススピースをはめて寝るという方法があります。歯型をとってオーダーメイドで作るのですが、健康保険で作れます。歯科医師の私も毎晩はめて寝ていますよ。やってみたい方はどうぞご相談ください。

0


 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY